2015年06月06日

安田記念データ傾向で2015年出走馬から有力馬を絞る

安田記念2015の枠順が決まりましたね!
さきの記事にあげた5頭も出走。これは消しでOKです。
実質12頭立てということですね。

もう一つ、過去の安田記念の傾向データから「消し」のファクターを。

「今年の東京新聞杯を使った馬は、負けているか、
勝っていてもGT馬でないか前走GUを勝っていなければ、3着以下」

分かりにくいファクターですが、かみ砕くと、

まず、今年の東京新聞杯を負けた馬はアウト。

で、東京新聞杯を勝った馬でも、GT馬でなければダメ。
100歩ゆずってGT馬でなくても、前走GUを勝っていないなら
連はありえませんよ、という意味です。

このファクターに該当する馬が出走馬中3頭います。
13番:ヴァンセンヌ 14番:サトノギャラント
17番:エキストラエンド

東京新聞杯はGVとはいえ、直近の安田記念と同条件のレースです。
そこで無様なレースをしていてはダメ、ということなのでしょう。
それが傾向に表れています。

残った9頭を確認しておきますと・・・、
1番、5番、6番、8番、9番、10番、11番、15番、16番。

この9頭の中に連対馬がいるということになります。

馬券的には、オッズデータベースでこの9頭からもっとも連対率が高い
馬を軸馬に選定し流す、ということになるでしょう。

★関連記事★
安田記念の過去の結果データから見る傾向/ファクター(2015)http://factor2.seesaa.net/article/420141290.html
posted by ファクター産業 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 安田記念・傾向データ分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

安田記念の過去の結果データから見る傾向/ファクター(2015)

ダービーも終わり次は安田記念(GT)ですね。
私自身が印象に残っている過去の安田記念といえば、
アドマイヤマックスが2着したあのレースです。

休養明けであまり人気を集めていなかったのですが、
ポン駆けであっさりと連絡み。

印象に残っているのは、もちろん馬券を取ったから。
今年もそんなハッピーな安田記念にしたいです。

さて、当方の予想システム「柔らかなコンピューティング」に
インプットされている過去の傾向(ファクター)に、
以下のようなものがあります。消しのファクターです。

「GT以外のレースだった前走を10着以下だった馬は連対しない」
「年明けから5戦以上出走、そこで重賞勝ちがないか、または5着以下が
1度でもあると、その馬は来ない。」

出走予定馬中、このどちらかに該当する馬は、
クラレント、ダイワマッジョーレの2頭。

さらに、
「GI連対経験馬を除く7歳以上馬」
というファクター。

これにはサクラゴスペルが該当します。

さらに消しのファクターを上げますと、
「前走GT以外出走の5歳以上馬で、3か月以上休養の馬はダメ」

これに該当するのが、ダノンシャーク。

「前走6キロ以上の馬体減で5着以下敗退馬」
これに該当するのがメイショウマンボ。

「柔らかなコンピューティング」システムですが、今回の安田記念の
傾向データベースがあまりメンテされていませんでした。
今年からまたメンテをかけていきますが、今回はこれくらいしか
ファクターを用意できません。

もう少しは絞っていきたいのですが、絞り切れませんね・・・。
とにかくこの5頭は消しです。

あとはオッズデータベースにゆだねるしかありません・・・。




ラベル:安田記念
posted by ファクター産業 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 安田記念・傾向データ分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする