2015年05月28日

日本ダービー過去の結果から見る傾向データ分析・2015

日本ダービー(東京優駿)の枠順が決まりましたね。
今日は昨日に引き続き、当方の傾向データ分析をおこないます。
「消し」のファクターを2つ。

@「3歳になってからGT戦以外で2ケタ着順がある馬はダメ
A「前走皐月賞で初の敗退馬を除き、前走2ケタ着順の馬はダメ

過去のダービーの結果を見るとこういう馬は例外なく来ていません。
3歳になってからの力のつき具合、それから、最も近走での時点の
実力や調子の良しあしを考慮に入れているファクターです。

これらに該当する馬を「消し」ていけばいいわけです。

さて、昨日挙げた12頭のうち、ダービーに出走する運びに
なった馬は11頭です。この中で@のファクターに該当する馬は、
9番:コスモナインボール。

Aのファクターに該当する馬は、
8番:ベルラップ、9番コスモナインボール、そして、
18番:タガノエスプレッソ。

残る馬が、
7番:レーヴミストラル、10番:ミュゼエイリアン、
11番:サトノクラウン、13番:リアルスティール、
14番:ドゥラメンテ、15番:ミュゼスルタン、
16番:スピリッツミノル、17番:キタサンブラック
の8頭。

ちょっと多めですが、これら 頭がやはり有力視すべき馬、
ということになりそうです。

あとは当日のオッズを見て、どの馬に最も可能性が高いかを
推し測るだけとなります。

ただ、ダービーは「最も運のいい馬が勝つレース」と言われています。
過去のデータや傾向、オッズデータベースではわからない結果が
待っているかもしれませんね。そこが競馬の面白いところかと・・・。










posted by ファクター産業 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ダービー・傾向データ分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

東京優駿(ダービー)過去傾向から探るファクター・2015

今週末はいよいよ日本ダービー2015。
先週のオークスを的中させましたから、勢いにのって今週も的中の
嵐を巻き起こしたいですね。

ここでは、日本ダービーの過去データから傾向を分析し、
出走予定馬の中で有力そうな馬を抽出したいなと考えます。

まず、当方のコンピュータ予想システム「柔らかなコンピューティング」
にインプットされているファクターを何点か・・・。

まず、「皐月賞から直行の馬」
それ以外の馬は「前走→前々走と着順が平行または上昇している馬」

そして、「オープン勝ちか重賞勝ちがある」
というファクター。

これらはもちろん、強い影響を持つファクターではありません。
皐月賞から直行であればどんな馬でもOKか?と言われれば
当然そうではありませんから。

むしろ、これらに該当していない馬がいればそれは外すべき馬、
ということになります。

また、これらのファクター両方に該当する馬を有力視すべき、
ということで当方のシステムにもファクターとして採用されています。
一昨年のキズナがこの両方のファクターに該当していました。

さて、今年(2015)の出走予定を見てみますと、両方に該当するのが、
キタサンブラック、ケツァルテナンゴ、コスモナインボール、
サトノクラウン、スピリッツミノル、タガノエスプレッソ、
ドゥラメンテ、ベルラップ、ミュゼエイリアン、ミュゼスルタン、
リアルスティール、レーヴミストラルの12頭。

ちょっと多いですが、この12頭以外は考える必要がないと言えます。


さて、これだけではちょっと心もとないので、もうひとつ。
「消し」のファクターなのですが、

「京都、小倉、中山しか競馬場経験のない馬は来ない」
というもの。

少々こじつけ、と言われるかもしれませんが、これにも理由が。
特に小倉に言える傾向ですが・・・。

3歳馬にとってデビューからダービーまでの期間で小倉、といえば、
早い時期の7,8月か、冬の2月の開催です。

まだまだ有力馬がデビューしていない時期や、共同通信杯やきさらぎ賞
などが行なわれているその裏開催の小倉でに勝ち上がってきた馬、
ということです。

でも、今回の出走予定馬にはこれに該当する馬はいないようです。
また、明日か明後日に別のファクターを取り上げていきたいと
思います。

★関連記事★日本ダービー過去結果からみる傾向データ分析







posted by ファクター産業 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ダービー・傾向データ分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする