2015年05月24日

第76回優駿牝馬(gi)予想〜傾向からファクターをさぐる〜

第76回優駿牝馬(gi)予想(いまのところ)をしてみます。
オッズデータベース&サイン予想は後にして、競馬新聞を見ての予想を、
ファクター(つまり、オークスの傾向)を踏まえつつしてみます。

私が今回目についた馬は2頭います。

7番:キャットコイン
10番:ミッキークイーン

この2頭について、ファクターを絡めつつコメントします。

◆ 優駿牝馬(GT)はクイーンCがカギ?

まず、7番:キャットコイン。
私の予想システム「柔らかんコンピューティング」にインプットされている
ファクターに下記のようなものがあります。

「クイーンC連対かつ前走が桜花賞1ケタ人気で5着以下」

この条件に当てはまる馬は、少し穴っぽいのですが、
オークスを勝ってしまうパワーを持っている可能性が高いのです。

思えば、阪神JF〜桜花賞までの期間で唯一、オークスと同じ東京競馬場で
開催される重賞がクイーンCです。

他馬が経験していない左回りを、レベルの高い重賞という形で
この時期に経験している、というのが潜在的に影響してこのような
傾向になっているのでしょうね。

過去にはウメノファイバーなんて馬がこのファクターに該当します。
私はこういう理由で、今年のクイーンC勝ち馬のキャットコインに
注目しているのです。

◆ 忘れな草賞は、”残念”桜花賞。意外な掘り出し馬がいる

そういう意味では、クイーンCを2着したミッキークイーンも有力視できます。
でも、私が10番:ミッキークイーンに注目している理由は別の所にあります。
それは、以下のようなファクター。

「忘れな草賞3着以上→当レース」

桜花賞と同日に行われる忘れな草賞を3着以上してこの優駿牝馬に直行した
馬は、過去、好成績をおさめていることが多いです。
エリモエクセルなんて馬が過去にいましたが、このファクターに該当します。

特に1番人気で忘れな草賞を勝った馬は注目と言えます。

なぜか?その理由は、
忘れな草賞が桜花賞と同日に行われる2000mのレースだからです。

OP以上の2000m以上戦をオークス出走までに経験する牝馬は
実はあまり多くありません。2000mを経験し、そこで勝っている、
というのは実は大きなアドバンテージと言えます。

それから、桜花賞と同日、という点。賞金的に桜花賞に出れなかった
素質馬が抽選から漏れてここに出走、その後オークスで好成績を
おさめる、という流れになることがちょくちょくあるのです。

ちなみにエリモエクセルは、桜花賞トライアルを惜しくも4着、
忘れな草賞を勝利後、オークスに直行しています。
オークスでの成績はご存知の通りかと思います。

◆ 第76回優駿牝馬(gi)予想、どうなる?

もちろん、桜花賞1、2着馬は外せません。
私は、この2頭と桜花賞1,2着馬の4頭で今回はいけるのでは、
と思っています。

買い目については、今日これから後の投稿で。
では。

関連記事・2015オークスオッズデータベース&サイン予想







posted by ファクター産業 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | オークス傾向データ分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする