2015年06月23日

来年以降の予想にも使える、宝塚記念データ消去法2015

来年以降も予想に使える、宝塚記念ではどんな馬が
「消し」なのかをこの記事ではお伝えします。

当方のコンピュータ予想システムに「消し」の要素
(ネガティブファクター)としてインプットされているのは、

@GT連戦馬を除き前2走とも4着以下敗退馬
A前々走2月以前の芝1800以上のGU以上を勝った馬を除く、
前走10着以下敗退馬

上記に当てはまる馬は、過去、来ていないというデータがあります。

@のファクターで言えば、例えば過去にこんな馬がいたと思います。

コスモバルク、エリモエクスパイア、ドリームパスポート、
アドマイヤグルーヴ、スティルインラブ、マチカネキンノホシ

コスモバルクは海外GTでも活躍した公営出身馬。
エリモエクスパイアは前走の天皇賞春でアっとおどかせ、2着した馬
アドマイヤグルーヴ、スティルインラブは牝馬GTでは常連、

そして、岡部騎乗のマチカネキンノホシは朝日杯で確か3着し、
どこかでGTをとるだろうと期待された良血馬でしたよね。

この要素に当てはまっている馬は、結構評価が高い馬でも来ないのです。

今年(2015)のレースでも、来年以降もチェックの価値ありです。
チェックしてみますと、下記の6頭が該当します。

レッドデイヴィス、ネオブラックダイヤ、トウシンモンステラ、
ディアデラマドレ、ショウナンパンドラ、オーシャンブルー

Aのファクターについては、過去にどんな馬がいたか、
ちょっと忘れました。しかし、@ほどではないものの、
不要な馬を結構消去できます。

今回(2015年)で該当する馬は、
ヌーボレコルト、オーシャンブルーの2頭です。

@Aとも消去法として有用と思いますので、
来年以降もチェックしてみて下さい。

★関連記事★
競馬宝塚記念データ分析・前走6〜9着はダメ










posted by ファクター産業 at 12:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 宝塚記念・傾向データ分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デニムアンドルビー、2着に絡みましたね。
Aのファクターについては考え直しです。
それから、@のファクターについても、
昨年、前走、前々走とも4着だったカレンミロクティック
が2着に絡んでいるので、調整が必要です。

来年以降の課題ですね。
Posted by サイト管理者(ファクター産業) at 2015年06月28日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック