2016年02月13日

京都記念2016(JRA・GU)マニュアル予想、私はこの1頭にします

久々の投稿になります。
明日の京都記念の予想を少ししてみたいと思います。

今回は、馬柱(競馬新聞)をみての予想。
ファクター産業独自のツールは使いません。

このレースに対して私が持つ印象は、距離が同じなだけに、
宝塚記念につながるレース、という印象です。

過去にシルクフェイマスなんていう馬がいたと思いますが、
確かここを勝って宝塚記念を好走したのでは?
そういう記憶があります。

さて、今回の馬柱を眺めてみて、ざっくり見えるのは、
有馬記念組、AJC杯組、日経新春杯組、
そして12月、1月のGVからの参戦、というカテゴリ。

当然私が重要視するのは有馬記念組です。
しかもこの馬、
トーセンレーヴ。

今回私が予想を投稿しようと思ったのも、この馬がいるからです。
なぜかというと、前走の有馬記念が6着だからです。

有馬記念6着馬というのは、1月2月のGUで好成績をあげる
ことが多い馬と私は感じています。
特に同じ中山開催のAJCCでは狙い目と言えます。

8歳馬ではあるものの、あの有馬記念で最上位馬です。
出てきた以上は好調を維持していて、陣営も勝算をもっている
のだと予想します。

仮に有馬記念で5着以上の有力馬がここに加わったとしても、
私は有馬記念6着馬を狙います。

理由はリスクが高く、かつ、うまみがないからです。

有馬の激戦の疲れがおそらく癒えていない中での参戦、
しかも、どうしても人気になってしまう・・・。
これでは買えません。

そこへくると、有馬6着の馬というのは、
ちょうど狙い目になるのですね。だからです。

トーセンレーヴを軸に、相手は中山金杯勝ち馬ヤマカツエースで。

この馬、今年の中距離路線のキーとなる馬になるかもしれませんよ。

単複:3
馬連:1−3

こんなところですか。
本年2016年もどうぞよろしくお願いいたします。





ラベル:予想馬券 2016
posted by ファクター産業 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | GUマニュアル予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする